結婚式の受付

結婚式の受付の役割

結婚式の受付を頼まれたら、どんなことに気をつけて
どんなことをすればよいのかご紹介いたします。

結婚式の受付を頼まれたら

結婚式の受付係の役目

結婚披露宴の受付はゲストが訪れて最初に接する場所ですので、受付の対応が結婚式のイメージを左右するといっても過言ではないぐらいとても大切な役目です。

新郎新婦の友達や職場の同僚などが頼まれることが多いようですが、結婚式当日は新郎新婦両家の代表としての立場で失礼のない立ち居振る舞いが必要です。

おもな役目は、招待客からご祝儀を受け取り、席次表を渡すことです。


受付係はいつ会場に入ればいい?

受付係は余裕を持て1時間前ぐらいに会場に入り、新郎新婦両家と打ち合わせをしっかりとしておきます。

またお手洗いやクロークの場所などゲストに尋ねられそうなことをあらかじめ把握しておき、いつ尋ねられてもすぐに答えられるように準備しておきましょう。


受付に必要なもの

受付に必要な芳名帳(新郎側、新婦側)、筆(筆記用具)、席次表、ご祝儀入れ(折敷)、招待客名簿がきちんとそろっているか確認しておきます。


受付の手順

【1.招待客が見えたら】

招待客が見えたら、立ち上がって一礼し、招待客から「本日はおめでとうございます。」といった祝福の言葉を頂いたら、「本日はお忙しい中、ご出席ありがとうございます。」と丁寧にあいさつします。


【2.芳名帳に記帳してもらう】

記帳してもらう際は、芳名帳を招待客に向けて差し出し、「恐れ入りますが、こちらにお名前のご記入をお願い致します。」と記帳を促します。


【3.ご祝儀を受け取る】

ご祝儀を渡されたら、「お心遣いありがとうございます。」と言い、両手で丁寧に受け取り、名前を確認し、ご祝儀入れへ入れます。(中身の確認は不要です。)


【4.席次表を渡す】

招待客に席次表を渡し、「開宴まで○分ですので、控え室でお待ち下さい。」と言い、控え室を案内します。


受付係の注意点

受付はお金を扱う役目ですので、紛失などは絶対にあってはならないことですので、受付から離れないことが重要です。
お手洗いなどで離れるときは交代でいくようにし、必ず誰かが受付に残るようにします。


開宴時間になったら

開宴時間になったら、ご祝儀と芳名帳を専用の袋などが事前に用意されている場合にはその袋に入れ、金庫など事前に新郎新婦と打ち合わせした場所に保管します。


【結婚式マナーTopへ】