結婚式の世話役(撮影カメラマン、会計、司会、受付)

結婚式の世話役を依頼され時の対処法

結婚式の世話役(撮影カメラマン、会計、司会、受付)を
頼まれたら、どのようにすれば良いのかご紹介します

結婚式の世話役を頼まれたら

結婚式の世話役を頼まれたら

結婚式での世話役(写真のカメラマン、ビデオ撮影、司会、受付、会計など)を新郎新婦から頼まれたら、快く引き受け、事前の打ち合わせをしっかりとしておくことが大切です。一度きりの結婚式での失敗は許されませんので入念な準備しておきましょう。


カメラマンを頼まれたら

写真撮影やビデオは一生残る結婚式の思い出になりますので責任重大です。
撮り逃したシーンは二度となく、随時変わっていく幸せと感動のシーンをもらさず、しっかりとおさめなければなりません。


受付を頼まれたら

結婚式での受付を頼まれたら、受付は新郎新婦側の招待客をもてなす側の代表として受付に立つことになります。

事前の準備から招待客がいらっしゃったら何をすればよいのかしっかり把握しておきましょう。受付の詳しい作法と手順は下記よりご覧下さい。

結婚式の受付の作法と手順はこちら>


会計を頼まれたら

会計係は、集まったご祝儀の管理などをおこないます。
あらかじめ受付係と打ち合わせを行い、開宴時間を少しすぎたら受付にご祝儀を集めにいきます。

集めたご祝儀は、そのまま親族に手渡すのか、ホテルに預けるのかなど事前に新郎新婦と打ち合わせておいた場所に保管するなどします。


司会を頼まれたら

結婚披露宴での司会は、式の内容を決定付けてしまう大変な役割です。
スムーズな進行で素敵な結婚式になるのか、その反対になってしまうのかは司会次第ですので引き受けるには相応の覚悟も必要です。

司会を頼まれたら、事前のしっかりとした進行の流れなどの打ち合わせはもちろん、敬語などの言葉使いにも注意が必要です。
結婚式ではタブーとされる言葉や普段は使い慣れない言葉など事前に把握しておくことも大切です。


乾杯の音頭を頼まれたら

乾杯の音頭は、結婚披露宴の始まりであり、ひとつの盛り上がるシーンでもありますので、しっかりとした口調で明るく、声を張って乾杯の音頭をとることが大切です。
また全員にグラスが行き渡ったのをしっかりと見届けてから乾杯する心配りも忘れずに。

自己紹介をした後、祝福の言葉を一言添えて乾杯します。

結婚式の乾杯の言葉例>


【結婚式マナーTopへ】