結婚式での女性の服装

結婚式に出席するときの女性の服装

結婚式に出席する際、女性はどのような服装が好感が持て
正しいとされているのかご紹介いたします

結婚式の女性の服装マナー

結婚式での服装

結婚式にはいったいどのような服装で出席するのがふさわしいのでしょうか?
服装選びに迷われたことはありませんか?
また昼の挙式と夜の挙式では服装を少し変えた方が良いということをご存知でしょうか?結婚式に着ていくのにふさわしい服装についてご紹介したいと思います。


昼の結婚式での女性の服装

アフタヌーンドレスなどの上品なワンピースかスーツといった服装ふさわしいようです。
ワンピースはロングで長袖のもので肌の露出が少ないものが良いようです。
また生地も光らないやわらかなシルク調のものが良いとされています。
アクセサリーはパール(真珠)やコサージュなど。バッグや靴も光沢のないものが良いでしょう。


夜の結婚式での女性の服装

イブニングドレスなど袖なしのロングドレスが正式ですが、最近ではラメやレースの入った袖付きのひざ丈のセミイブニングドレスも一般的です。
アクセサリー、バッグ、靴ともに光沢のある豪華なものが良いでしょう。


NGな女性の服装

白いドレスは新婦が着るウェディングドレスとかぶる可能性が高いです。
新婦を引き立たせてあげるのが礼儀です。
新婦以上に目立つようなドレスは避けましょう。
白いドレスと同様に新婦より目立ってしまうような派手なドレスはやめましょう。